MotoGP第16戦日本GP リザルト/バイク

こんにちわ、ミッチーです。

昨日、ツインリンクもてぎで開催されました

MotoGP第16戦日本GP決勝

のリザルトをご報告致します。

 

2019年チャンピオンが確定したマルケス選手が、予選でポールポジションを獲得し、圧倒的な強さを見せつけましたが、決勝でも王者の貫禄で勝利を掴みました!!

 

第1位 レプソルホンダ マルク・マルケス選手

今季10勝目&キャリア80勝目を達成!!

序盤から安定した走りを見せ、危なげなく格の違いを見せつけました。

やはり王者は強い!!

 

第2位 ペトロナスヤマハSRT ファビオ・クアルタラロ選手

唯一マルケス選手に対抗出来たのが、ルーキーのクアルタラロ選手でした!!

しかし、マルケス選手と同じペースでは、残念ながらヤマハの燃費性能では完走出来ない為、あえなくペースダウンせざるを得ませんでした。TT

それでもヤマハ勢トップは素晴らしい結果ですね。^^

 

第3位 ミッションウィナウドゥカティ アンドレア・ドビシオーゾ選手

ウォームアップからフィーリングが合わず、前半にタイムを出せず苦戦しました。

それでも後半にはタイムを上げ、3位でフィニッシュ!!

 

第4位 モンスターエナジーヤマハMotoGP マーベリック・ビニャーレス選手

第5位 LCRホンダカストロール カル・クラッチロー選手

第6位 ペトロナスヤマハSRT フランコ・モルビデリ選手

第7位 スズキエクスター アレックス・リンス選手

第8位 スズキエクスター ジョアン・ミル選手

第9位 ミッションウィナウドゥカティ ダニロ・ペトルッチ選手

第10位 プラマックレーシング ジャック・ミラー選手

 

好調のビニャーレス選手が4位と惜しくも表彰台を逃しました。

予選でフロントローが取れていたら表彰台は確実でしたね。^^;

リンス選手も同様に予選での失敗が原因で7位フィニッシュでした。

中上選手は16位、ロレンソ選手は17位でした。

ロッシ選手は20周目に転倒リタイヤになりました。

 

それでは、チャンピオンシップランキングを見てみましょう。

 

優勝 マルク・マルケス選手 350P

第2位 アンドレア・ドビシオーゾ選手 231p

第3位 アレックス・リンス選手 176P

第4位 マーベリック・ビニャーレス選手 176P

第5位 ダニロ・ペトルッチ選手 169P

第6位 ファビオ・クアルタラロ選手 163P

第7位 バレンティーノ・ロッシ選手 145P

第8位 ジャック・ミラー選手 125P

第9位 カル・クラッチロー選手 113P

第10位 フランコ・モルビデリ選手 100P

 

ついにビニャーレス選手がリンス選手にポイントでは追い付きました。

クアルタラロ選手も5位ペトルッチ選手と6P差まで詰めてきました。

最後のヤマハの追い上げに期待したいところですね。^^

 

次戦オーストラリアGPは、フィリップランドサーキットで27日に決勝レースが開催されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です