MotoGP第9戦ドイツGP リザルト /バイク

こんにちわ、ミッチーです。

昨日、ザクセンリンクで行われました

MotoGP第9戦ドイツGP決勝

のリザルトをご報告させていただきます。

 

今季もマルケス選手の独走状態が止められない流れになってきましたが、若手の断頭のお陰で見所が盛りだくさんのMotoGPクラスですが、予想通りザクセンリンクが得意のマルケス選手に軍配が上がりました。

 

第1位 レプソルホンダ マルク・マルケス選手

ザクセンリンクで、MotoGPクラスでは7年連続、キャリアでは10年連続のポールトゥウィンを達成!?

 もはや脱帽!!

前半10周で一気に独走状態を作り、安定したライディングでそのままフィニッシュ!!

得意のザクセンリンクとは言え、他を圧倒する走りは流石の一言です。

今年の後半戦も彼を止められないでしょう。^^; 

 

第2位 モンスターエナジーヤマハMotoGP マーベリック・ビニャーレス選手

2戦連続の表彰台獲得!!

やっと調子を戻してくれましたね。^^;

しかし、前半戦で落としたポイントは非常に厳しく、マルケス選手との差は歴然です。

今年の優勝は厳しいのが現実ですが、後半戦も果敢に攻めていただきたいですね。^^

 

第3位 LCRホンダカストロール カル・クラッチロー選手

レースウィーク前に脛骨骨折、靭帯を損傷しながらも3位獲得は素晴らしい!!

マシンの状態も完璧とは言い難い状態で、良く走りきったものですね。^^;

後半戦までに怪我を治して、万全の状態での走りを見せて貰いたいですね。^^ 

 

第4位 ミッションウィナウドゥカティ ダニロ・ペトルッチ選手

第5位 ミッションウィナウドゥカティ アンドレア・ドビツィオーゾ選手

第6位 プラマックレーシング ジャック・ミラー選手

第7位 スズキエクスター ジョアン・ミル選手

第8位 モンスターエナジーヤマハMotoGP バレンティーノ・ロッシ選手

第9位 ペトロナスヤマハSRT フランコ・モルビデリ選手

第10位 レプソルホンダ ステファン・ブラドル選手

 

リンス選手は2位で迎えた19週目に、またしても転倒!?2戦続いて転倒リタイヤとなってしまいました。TT

好調だったクアルタラロ選手も2週目に初の転倒リタイヤ。

期待の若手が共倒れとは・・・。

3戦連続の転倒リタイヤのロッシ選手は、何とか転倒せずに走りきましたが結果は8位と微妙・・・。天才ロッシ選手に陰りが見えてきましたね。

そろそろ年齢的に厳しいのかも・・・。

前戦でロッシ選手と接触しリタイヤした中上選手は、怪我を押しての出場でしたが、結果は14位フィニッシュでした。

 

さて、前半戦を終了しましたが、現在のチャンピオンシップを再確認してみましょう。

 

第1位 マルク・マルケス選手 185P

第2位 アンドレア・ドビツィオーゾ選手 127P

第3位 ダニロ・ペトルッチ選手 121P

第4位 アレックス・リンス選手 101P

第5位 マーベリック・ビニャーレス選手 85P

第6位 バレンティーノ・ロッシ選手 80P

第7位 ジャック・ミラー選手 70P

第8位 ファビオ・クアルタラロ選手 67P

第9位 カル・クラッチロー選手 67P

第10位 ポル・エスパルガロ選手 56P

 

マルケス選手が58P差を付けて独走状態です。

2・3位とドゥカティ勢が追い掛けておりますが、非常に厳しいポイント差ですね。^^;

ヤマハはビニャーレス選手が少し伸びてきましたが、ちょっと遅かったかな?

ロッシ選手も転倒続きで元気が無く、徐々にランキングを落としております。

 

さて今回のドイツGPで前半戦が終了し、サマーバケーションに入ります。

後半戦は、チェコGPは、8月4日に決勝レースが開催されます。

お楽しみに~!!(≧∇≦)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です