MotoGP第7戦カタルーニャGPリザルト /バイク

こんにちわ、ミッチーです。

昨日、 バルセロナ カタルーニャサーキット で開催されました

MotoGP第7戦カタルーニャGP決勝

のリザルトをご報告させていただきます。

 

ドゥカティ勢の猛攻により、ドビツィオーゾ選手だけでなく、セカンドライダーのペトルッチ選手までもが優勝戦線に名乗りを挙げてきたMotoGPクラスですが、第7戦は非常に後味の悪い結果となってしまいました。

 

第1位 レプソルホンダ マルク・マルケス選手

2番手スタートからホールショットを奪い、そのまま独走で今季4連勝獲得!!

相変わらず強すぎる・・・。(´Д` )

周りのライダーが打倒マルケス選手を掲げてシノギをを削っているのに、全くブレない王者マルケス選手が凄すぎますね。^^;

昨年に続き、このまま一気に後続を突き放してしまうのか?

 

第2位 ペトロナスヤマハSRT  ファビオ・クアルタラロ選手  

ポールポジションから2位表彰台獲得!!

何より驚きなのが、MotoGPクラス7戦目にして初の表彰台だという事です!!

それが2位とは凄い!?

更にはチームも今年新設されたばかりでとなると、評価がさらに上がりますよ。

新しいヤマハのスターの誕生を予感させますね。( ̄▽ ̄)

クアルタラロ選手は今後も注目すべきライダーです。

 

第3位 ミッションウィナウドゥカティ ダニロ・ペトルッチ選手

3連続表彰台で一気に上位に迫ってきましたペトルッチ選手!!

クアルタラロ選手との2位争いには敗れましたが、最後まで果敢に攻める姿勢は素晴らしいスピリッツを感じさせました。^^

ファクトリー1年目でこの成績は正直信じられないレベルですよね。^^

 

第4位 スズキエクスター アレックス・リンス選手

第5位 プラマックレーシング ジャック・ミラー選手

第6位 スズキ・エクスター ジョアン・ミル選手

第7位 レッドブルKTMファクトリーレーシング ポル・エスパルガロ選手

第8位 LCRホンダ出光 中上貴晶選手

第9位 アビンティアレーシング ティト・ラバット選手

第10位 レッドブル・KTMファクトリーレーシング ヨハン・ザルコ選手

 

リンス選手は惜しくも表彰台を逃しましたが、優勝戦線をしっかりとキープ!!

まだまだわかりませんよ。

中上選手は8位入賞と絶好調!!

あれ?ドビツィオーゾ選手とロッシ選手とビニャーレス選手は?

なんと、2週目でロレンソ選手がブレーキングミスを起こし、3人を巻き込んでの多重クラッシュを引き起こしてしまいました!?Σ(゚д゚;)

これにより4人ともリタイヤと最悪な展開になってしまった訳です。TT

チャンピオンシップ2位のドビツィオーゾ選手にとっては非常に痛い結果ですね。

 

さて、そんな悲惨な事故により上位陣のポイントに大きな動きが起こりました!!

 

第1位 マルク・マルケス選手 140P

第2位 アンドレア・ドビツィオーゾ選手 103P

第3位 アレックス・リンス選手 101P

第4位 ダニロ・ペトルッチ選手 98P

第5位 バレンティーノ・ロッシ選手 72P

第6位 ジャック・ミラー選手 53P

第7位 ファビオ・クアルタラロ選手 51P

第8位 中上貴晶選手 48P

第9位 ポル・エスパルガロ選手 47P

第10位 カル・クラッチロー選手 42P

 

マルケス選手は2位以下に37P差をつけ、独走状態を作ろうとしています!!

しかし2位から4位までは僅かに5Pと大接戦になってきました!?

ドビツィオーゾ選手がマルケス選手との差を詰めてくるのか?

もしくは、リンス選手・ペトルッチ選手の猛追があるのか!?

 

次戦オランダGPは、TTサーキット アッセンで6月30日に決勝レースが行われます!!お楽しみに~!!(≧∇≦)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です