MotoGP第11戦オーストリアGPリザルト /バイク

こんにちわ、ミッチーです。

昨日、レッドブルリンクで開催されました

MotoGP第11戦オーストリアGP決勝

のリザルトをご報告させていただきます。

 

好調のマルケス選手を追うヤマハ勢が、イマイチバッとしない不完全燃焼な展開のMotoGPクラスです。

むしろ、調子を上げてきているのは、来年からホンダへの移籍が決定しているロレンソ選手!?Σ(゚д゚;)

 

なぜに今さら?と思いますが、速いものは速いので仕方がないですね。^^;

 

そんなロレンソ選手に注目するしかないミッチーですが、

やはり彼はやってくれました!!

 

第1位 ドゥカティ

ホルヘ・ロレンソ選手

最終ラップに競り勝ち、見事に今季3勝目!!

 

序盤からトップを走るマルケス選手を1秒以下の差でプッシュし、抜きつ抜かれつの緊張感のあるレース展開となりましたが、

最終ラップに見事に競り勝ち0.13秒の僅差で優勝を勝ち取りました!!

まさかのドゥカティでの好成績に、ドゥカティ首脳陣はド肝を抜かれているのではないでしょうか?

これだけ勝てるなら放出する必要なかったですもんね。^^;

 

第2位 レプソルホンダ

マルク・マルケス選手

惜しくも2位ながらも、チャンピオンシップは独走を維持!!

 

ポールポジションから優勝かと思いきや、まさかのロレンソ選手の猛攻に破れてしまいました。

とは言え、総合2位とのアドバンテージを伸ばし、チャンピオンシップに弾みを付けました。

このまま、逃げ切りで決まってしまいそうな展開ですね。^^;

 

第3位 ドゥカティ

アンドレア・ドビツィオーゾ選手

優勝争いには参加出来ず・・・。

 

2番手スタートにも関わらず、ロレンソ選手とマルケス選手の優勝争いには参加出来ず、

そのまま3位でフィニッシュとなりました。

結果として、チャンピオンシップランキングでもロレンソ選手に抜かれランクダウンしてしまい、

微妙な3位入賞となりました。^^;

 

第4位 カル・クラッチロー選手

第5位 ダニロ・ペトルッチ選手

第6位 バレンティーノ・ロッシ選手

第7位 ダニ・ペドロサ選手

第8位 アレックス・リンス選手

第9位 ヨハン・ザルコ選手

第10位 アルベロ・バウンティスタ選手

今季最悪の14番グリッドスタートのロッシ選手は8人抜きの6位フィニッシュでした。

よくやった方だとは思いますが、マルケス選手に大きなアドバンテージを差し出す結果となりました。

 

チャンピオンシップランキングは、ロレンソ選手が順位を上げ、

面白い展開になってきましたよ。( ̄▽ ̄)

 

第1位 マルク・マルケス選手 201P

第2位 バレンティーノ・ロッシ選手 142P

第3位 ホルヘ・ロレンソ選手 130P

第4位 アンドレア・ドビツィオーゾ選手 129P

第5位 マーベリック・ビニャーレス選手 113P

第6位 ダニロ・ペトルッチ選手 105P

第7位 ヨハン・ザルコ選手 104P

第8位 カル・クラッチロー選手 103P

第9位 アンドレア・イアンノーネ選手 84P

第10位 アレックス・リンス選手 66P

 

ロレンソ選手が3位に浮上しました!!

でも、もう遅いかも・・・。゚゚(´Д` )

マルケス選手の優勝が濃厚になってきました。

2位争いがどうなるのかが楽しみなポイントですね。

 

次戦イギリスGPは、シルバーストーンサーキットで8月26日に決勝レースが開催されます。

お楽しみに~!!(≧∇≦)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です